home > ゴルフの知識 > ゴルフクラブの知識 > アイアンの知識

アイアンの知識

自分に合ったクラブを知るうえでおさえておきたいポイントやよく使われている用語について説明しています。以下を参考にクラブを選んでみましょう。

 【各部の名称】

 【重心】

重心とは、ゴルフ・クラブのヘッドの重量配分の中心点のことを言い、この重心位置を決める要素は以下の通りである。

要素 説明
シャフト中心線からの距離 通常はショートアイアンほど長く、ロングアイアンほど短くなる。重心距離の長いタイプは、フェースが長くトップラインの傾斜角が急なヘッドです。
リーディングエッジからの距離 リーディングエッジからの垂直高さでいうと、ショートアイアンほど低くなる傾向がある。
高さを決める要素   @ヘッドの高さ、Aソールの幅、Bネックの長さ
フェース面からの距離 アイアンの場合、この重心深度は性能にあまり影響を与えない。
重心の高さ 重心が低くなるほど、ボールが上がりやすくなっています。

 【スイートスポット】

スイートスポットとは、重心から垂直に伸ばしたフェース面上の点のことを言い、多少スイート・スポットを外しても方向性・飛距離が大きく狂わない部分のことをスイート・エリアと言います。このスイートエリアを広くするには、@ヘッド(フェース)を大きくする、Aトゥ&ヒールウェイトにする、Bキャビティバックにする、の3つがあります。

一番効果的なのは、ヘッド(フェース)を大きくすることですが、これには重量の関係、空気抵抗、使い易さなどの限界があります。その解決策として、一定の重量範囲ないでスウィートエリアを広げる方法として、重量配分を変えることが行われています。

 キャビティバックとは?

アイアンのバックフェースの部分を凹ませているものを言います。キャビティバックの効果としては、凹ませた分、ヘッドの重量を変えずにヘッドを大型化することや、重量配分がマッスル・バック(バックフェースが凸になっているもの)より容易にできるため、スイートエリアが広くしたり、低重心化したりする事が可能になることです。

つまり、ボールが上がり易くミスショットが減るということ!このことから、多くのメーカーが初心者にお勧めのクラブとして紹介しています。

 【ソール】

 ソールの形状

ソールとはクラブの底の部分のことで、ソール角(度)とはシャフト軸線を垂直にして(トウ側から見て)、ソールの前方から後方に向かって作られる角度の事で、後方が上がっている場合をスクープ、下がっている場合をバンスと呼びます。  ソール形状には以下のような種類があります。

ソールの形状
スクープ・ソール
リーディング・エッジよりもトレーリング・エッジが上がっているソール。ハネ返りが少なく、ダウンブローに打ち易い。
フラット・ソール
すわりがよく、安定感がある
バウンス・ソール
リーディング・エッジがトレーリング・エッジより上がっているソール。ソールのハネ返りがよく、ウェッジなどがこれになる
キャンバー・ソール
ソールの前後に丸みをつけたもの。芝の抵抗が少なく、抜けが良く、ラフからでも振り抜き易い。

アイアンヘッドではロングアイアンからショートアイアンになるにつれて、シャフト軸線を垂直にした時に、ソールの前方から後方に向かって作られる角度は後方が下がっていく度合いが大きく(スクープソールからバンスソール)なる傾向にあります。例えば、バンカーで使うサンドウェッジはバンスソールになり、そのバンス角はエクスプロージョンショットを前提に10度から14度が主流になっています。 

 ソールの幅

ソールの幅が広くなるほど低重心にしやすいのでボールが上げ易いクラブができ、幅が狭くなると打感がよく操作性に優れたクラブになります(ライの悪いところでも抜けが良いなど)。一般に初心者向けといわれているアイアンは、ソール幅の広いものが多いです。